【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。



【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:17 4 2018

理想的な減量というのは、
ご飯を調整することによって、摂取するカロリーの量を抑えることと
運動によって、消費するエネルギーの量を増やすことで
実現させるものです。

なので、運動というのは減量をしている間、
欠かすことができないんですよね。

とは言え、中には、運動ギライで
どうも運動するのが苦手という人もいるでしょう…

でもね、別に激しい運動は必要としませんし、
高度な運動技術が求められているわけでもないんですよ。

普段から運動することに慣れていないという人に、
ミーはストレッチから始めてみることをおススメします。

ストレッチでも
十分に減量効果を得ることができますよ。

ストレッチというのは、筋肉をのばす行為のこと。
筋肉というのは、日ごろから
のばす習慣をつけることによって
しなやかな筋肉を作り出すことができるようになるそうなんですよね。

スポーツ選手は、ウォーミングアップの時に、
ストレッチ運動をしますね?

あれは、筋肉をのばすことによって、筋肉の柔軟性を保ち、
ケガするのを防ぐために行っているのです。

ストレッチなら、運動が苦手な人でも
十分に実行できる運動ではないでしょうか?

筋肉をのばすという行為は、
筋肉への刺激という意味で十分な効果を発揮します。
ですから、筋肉は伸ばすことでも鍛えることができるんです。

すると、基礎代謝と呼ばれている、
毎日ミーたちが生活する時に消費する
エネルギーの量もアップするわけです。

だから、ストレッチだけでも
十分な減量効果を期待することができるんですよね〜!