【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。



【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:11 8 2018

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

今日は曇りのち晴れかぁー。

ちょっと仄々する

でも、夕方くらいから千葉で飲み会だけどねー。

友達が戻ってきたから、久々の学生時代の集まり。

ほとんど地元に残っているけど、仕事でいろいろ
離れてしまっていることもあって。

中にはドイツで仕事もしてたりもするんだよね。

まさか、エリート街道を走っていたのが、辞めて地元に
帰ってくるとは、想像もできなかったけどね。

やりたいことが見つかった!って、せっかくのエリート街道を
やめてきゅう師を勉強。

仕事を変えちゃったらしいから、驚きだよ、本当に。

独身だからできることかもしれないけど。


でも、久しぶりに会うと8キロ太ったとか痩せたとか、
全然変身してる場合もあるよね。

母から扁鵲を勧められて、
半強制で飲んでるとか、毎日エクササイズ トランポリンしてるとか。

間食をやめてダイエットゼリー りんご味を・・・って話もある。


晩とかゆっくりできるのも久しぶりだし。

時間もあるし、千葉に早めに行って、買い物をしようかな。

あさって、図書館に行く予定だから、洋服を
見たいしねー。

最近洋服も買ってないから、たまには見に行くのも良いかな。

なんかだんだん買い物って行かなくなったというより、行っても
自分の物を買わなくなったって言うか。

気にしなくなるとどんどん気にしなくなってしまいそうだから、
やっぱり少しは気にしないといけないよね。

着る機会がないと、だんだん買う機会もなくなってるし、
ちょっと若作りな洋服を探してみよっかなー(笑)