【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績


【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。




【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:18 1 2019

あたしは大学三年の冬妊娠し、結婚。
そして大学四年で元気な女の子を出産し、
大学も卒業させてもらった…

どう考えても自分勝手だとわかっているが、
そんなあたしを家族は応援し、支えてくれた。

妊婦のころは日々…
腹の赤ちゃん早く出てこないかな。
早く会いたいなぁ。
名前は何にしようか?
…とワクワクして、
気が付くとなんだか顔がにやけていることが度々あった。

その反面
出産に対する少しの恐怖と不安もあった。
そんな時の良き相談者はお母さんだった。

弱気になっているといつも、
「みんな産んでるんだからどうにかなる!」
そう明るく言ってあたしを励ましてくれた。

親父といもうとは仕事から帰ると
ポコポコ動く腹を触り、話しかけていた。

主人は出産にも立ち会いたいと言ってくれて
母親学級にも全て一緒に参加してくれた。

また、毎回妊婦検診から帰ると
家族みんなで検診のときに撮るエコーの
ビデオ鑑賞会が始まった。

何回も巻き戻しては
「これがあしだ!これがうでだ!」などと言いながら
腹の中にいる赤ちゃんを見ていた。

このような光景を見る度、あたしは
「みんなが心待ちにしているよ。たくさん愛されるよ。
かわいがってくれるよ。だから元気に出ておいでね。待ってるから…」
と腹を優しく撫でながら話しかけていた。

親父やお母さんもあたしが腹にいるとき
こんな感じだったのだろうか?…
たまにそんなことを考えたりもした。

予定日から7日間が過ぎた日の夜更け、
破水し、待ちに待った陣痛がきた。

「やっと会える!」

長い陣痛の間…
お母さんはこんなに苦しい陣痛を耐えてあたしを産んだのか…
と何度も考えた。

【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

★メニュー

【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)いつもの裸眼で見えるようになるレーシック