【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数

【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数



【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数ブログ:27 6 2015


頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
減量や食べ物のことが24時間中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

減量って、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

減量も成功せず、
気分も暗くさせる減量の典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思って減量を始めることってありますよね?

もちろん、減量に成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら彼氏を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思って減量をしている人がいるとします。

もちろん減量が上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
彼氏がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
減量を失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
減量の失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然減量は成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

明日はいい日かな~
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数

【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数

★メニュー

【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)いつもの裸眼で見えるようになるレーシック