【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。



【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:22 6 2018

ちょっとお疲れです〜。

一週間ほど前、母に付き合って、調子こいてしまい
腹筋をやったらコシ痛かったのに・・・

またもや、調子こいてエアロビスティックやっちゃいました。

次は愛用の扁鵲とDHCのダイエットシェイクも
一緒に試してみた。

さすがにサウナスーツのようなものはいただけないけど、8kg
短期間で痩せると聞くと、やってみたくなるような気もする。

休みの14時から付き合って、ぐったり〜。

なんか、今日は気分が悪いです


念願のオラクルマスターに関係する仕事をできそうな予感。

今までウダウダしてきたから、なまった体も元気にしないと・・・
とは思うけど、体はそう簡単にはついてこないねー。

千葉に買い物行った時にも、歩き疲れちゃって、なんか情けない。

体力不足を実感してたりするけど、こないだも友達とコンサートと
言って張り切ってたうちの親の方が、よっぽど元気じゃないかと思う。

最近のお年寄りとかも、凄く元気だしねー。

14時とかでも散歩している姿を見ると、凄く感心することがある。

どこまでも歩けそうなカンジだったり、自転車で颯爽と走っていくからね。

あんなお年寄りに将来、絶対なれなさそうな気がするわし。


寒い時点でまったり過ごそうって思うし。

冬は苦手、夏も苦手。

そりゃ、体もなまるよ〜と思って、一緒に運動したら、体ボロボロ。

リフレッシュどころか、ますますやられてしまったりしてるから、
本当に情けないε-(ーдー)ハァ