【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付

最近におきましては保障の対象外に指定をしている保険会社も多くありますので注意が必要です。
よくわからない場合には加入をしている保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう。

 

あなたが加入をしている生命保険や医療保険などがレーシック手術の補償がされるかどうかをまずは確認しておきましょう。
保険会社の担当者やホームページの注意事項を確認し、対象となるかをチェックします。
生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります。
その場合には所定の内容に従って事前に手続きを行う必要があるので忘れないようにしましょう。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。



- お勧めの情報 -

メール便
URL:http://postmail.co.jp/
メール便、今すぐ


【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付ブログ:24 2 2018

我が家は、今荒れております。
…と言っても、ミーと家内の関係ではなく、
家の中が荒れ放題になっているのです。

少し前にミーが体調を崩して、
回復するのに少し長引いていました。

その間、家内は家のことを後回しにしてまで、
ミーの面倒を精一杯見てくれていました。

まるでお子様のように面倒を見てもらっていたミーは、
たくさんの「ごめんなさい」と「ありがとう」と共に、
回復に至りました。

ミーの回復と入れ替わるように、
今度は家内の調子が悪くなってきました。

家内はアレルギーを持っていて、症状が手に出るんです。
ものすごくひどい手荒れのような状態になり、
出血したり、痛みがあったりするようです。

両手がそんな状態になってしまったので、
手を使って何かをすることができないんですね。

それまで家内がやってくれていた、
我が家の家事のほとんどがストップするとともに、
部屋は散らかり、洗濯物は溜まり、
ご飯は栄養バランスを欠いたものとなってしまいました。

ミーは仕事の合間を見てちょっとずつ家事をするのですが、
もちろん到底追いつきません。

そんなこんなで、恥ずかしながら、
現在の我が家は荒れ放題になっているのです。

そんな惨状の中、家内は事あるごとに言います。

「ごめんね。何もできなくて…」

家内としては、
「自分は何もしていない」
「主人の役に立ちたいのに立てない」というのが、
とても心苦しい様子です。

ミーとしては、
「ミーのためにあれをしてあげたい、こんなものを食べさせてあげたい」
と思ってくれるその気持ちが何よりうれしくて、
何もしていないことは問題ではありません。